NetflixのDVDからストリーミングへの移行が成功の第一歩

<font>Netflix最近の財報の内容はあまり楽観的ではありませんが、Netflixの発展を振り返ると、Netflixのすべての選択は非常に成功しています。

font>

奈飛(Netflix)は1997年8月に米国で設立され、共同創業者と最高経営責任者はリード・ハースティングス(Reed Hastings)で、現在SVOD(サブスクリプションビデオ・オン・デマンド)事業を運営するストリーミングプラットフォーム会社です。

font>

世界的に独占的な逸品特集、映画、ドキュメンタリー、短編映画を提供することで知られています。90年代にオンラインレンタルDVD事業でスタートし、「通販レンタルDVD+アルゴリズム知能推薦」の革新的なモデルと技術手段を通じて、奈飛はビデオレンタル市場に急速に参入し、ユーザーの急速な拡大を実現した。

2006年から、業界の鋭い嗅覚によって、奈飛はインターネットの荒れ狂う大潮とストリーミング業界の発展の勢いを見て、科学技術と市場傾向に対する確固とした信念と強い実行力を持って、会社の上層部は断固として業務の転換を完成して、2007年に第1弾のストリーミング製品「Watch Now」を正式に発売した。

font>

古い映画のスクロール放送は、ユーザーの個性化のニーズを満たすことができません。同様に、テレビも同様で、HBOテレビネットワーク(Home Box Office)は保存された映像コンテンツをスクロールして放送していますが、ユーザーの好きなような放送ニーズを満たすことも難しいです。

DVDレンタルには柔軟性がありますが、この柔軟性はストリーミング購読モデルとは全く同じではありません。これも奈飛が通常のDVDレンタルからビデオサービスに進化した根本的な動因です。

font>

奈飛は、より自由なアクセスとビデオコンテンツの再生を提供するサービスモデルを提供し、大きなビジネスチャンスを得ています。同社の営業収入は2007年(ビデオストリーミングサービスの開始)の12億5000万ドルから2018年には157.9億ドルに増加し、11年間で13.1%増加し、複合年の成長率は26.35%だった。

これらの物語を知っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。