サムスンがクアルコムのチップを使用しているのは、それ自体が協力関係だからです。

<font>サムスンの自己研究チップは実はずっとまあまあですが、今は大きな市場がなく、サムスン自身もクアルコムのチップを使っているのはなぜですか?

font>

font>が5 G時代に入ると、サムスンはミーアキャットアーキテクチャを使用した最後のSoC–Exynos 990を発表した。モデルチップは従来通りで、当時の関連報道では、ヨーロッパのサムスンユーザーが連名で、サムスンにドラゴンバージョンに変更するように要求したという。

サムスンの自己研究チップは主に韓国、ヨーロッパなどの地域に向けられており、中国大陸とアメリカのサムスンの旗艦携帯電話は、クアルコムのドラゴンチップである。

font>

この事件を経て、サムスンはマングース構造の自己研究を放棄し、ARM構造に変更すると発表しました。170億ドルの研究開発費がかかっています。この結菓はサムスンが受け入れにくいかもしれません。

font>

サムスンはチップ分野でクアルコムと競争相手であり、常識的には、サムスンはクアルコムを死の敵と見なし、死の中に整然としなければならない。なぜクアルコムのチップを採用するのか。実は、サムスンのチップは基本的に自分で使うので、クアルコムの正麺対抗はほとんどありません。

そして現在、クアルコムはサムスンの大顧客であり、クアルコムの一部のチップはサムスンのOEMで生産されています。サムスンも世界トップクラスのチップOEM企業であることを忘れないでください。

font>

サムスンの自己研究チップは谷を経験し、ピークを歩いたこともあるが、ピーク時の一歩が間違っているだけで、サムスンが谷期にあるときはもう精神的に追いつくことができない。

font>

自己研究アーキテクチャが間違っているとは言えません。結局、核心技術をしっかりと自分の手に握れば、サムスンはより安心してARMの許可を必要とせず、将来的にチップの開発から生産までのコストも低くなるに違いありません。

font>

以前、クアルコムのチップは基本的に中国台湾の台積電によって代行されていたが、現在、クアルコムの一部のチップがサムスンによって代行されているのは、サムスンが台積電口から奪った注文に違いない。クアルコムといくつかのウィンウィンの協力を達成した。

font>

サムスンのチップについてどう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。