アップルが発表したアプリデザイン賞の一部受賞作品

<font>アップルはWWDC大会の前に2022年のアップルデザイン賞の受賞リストを発表したので、これらのアプリを見てみましょう。

font>

1、Procreate

Procreateは、iPad版アプリを通じて芸術家やデザイナーがよりクリエイティブな力を人々にもたらすのを支援する非常に使いやすい絵画ツールです。

font>

オーストラリア出身のSavage Interactiveチームは、大衆にサービスを提供すると同時に、Procreateにバリアフリー属性を強化することを忘れず、振動、ナレーション、動的フォントなどでユーザーとコミュニケーションをとることを心がけています。このアプリはナレーションと動的フォントのサポートを強化し、より多くの芸術家が自分を創作し、交流し、表現することができます。

2、Wylde Flowers(Apple Arcadeを開通する必要があり、国区バージョンはありません)

Wylde FlowersはApple Arcadeオリジナルゲームに収録されています。主人公はTaraという魔女で、村の中で魔女団の秘密を探索し、ゲームの雑多さは謎、ロールプレイング、模擬経営などの要素を理解し、遊び時間を60時間にすることができます。

font>

叙事の発展に伴い、すべての年齢、文化的背景などが表現されている。プレイヤーは魔法に満ちた世界を探索し、素晴らしいストーリーはプレイヤーを引きつけて身分を見つめ、他人を受け入れ、コミュニティを支持し、最終的にはより意味のある物語に参加させます。

3、(Not Boring)Habit

名前から開発者のユーモアを感じることができますが、実はこのチームはすべてのappを(Not Boring)+単一名詞の組み合わせで登場し、スタイルは統一されています。

font>

今回受賞したのは、(Not Boring)Habitは本質的に効率的なツールであり、眼球をつかむ設計と適切な感触のフィードバックを通じて、ユーザーがタスクを完了するたびに正のフィードバック感覚を強化し、ユーザーに与える奨励は、毎回爆発する特別な効菓である。

font>

あなたが使ったアプリはありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。